ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

クレイジーオーシャンのイカメタル最新ロケ動画配信スタート! ただただステイさせるだけで「誰にでも」「簡単に」楽しめちゃう

 

ケンサキイカを狙ったイカメタルゲームが、そろそろ盛期に突入。そんな中、クレイジーオーシャンの鉛スッテ「メタラー」とそれを操るロッド「オーシャンウィップMTエキスパートチューン」を使った、「ステイさせるだけでイカが乗ってくる」という、なんとも摩訶不思議な実釣動画が完成しました。

ちなみにメタラーについては以前も紹介させて頂きましたね。

【メタラー】誘い要らず。ステイだけでケンサキイカが乗ってくる鉛スッテがあるのだが…

実釣動画では「ホント止めてるだけ」と話しながら楽しそうに釣る太田武志氏と、お笑い担当(?)「クレイジーおっさん」こと西岡秀博氏の掛け合いも満載です(笑)。

ではでは、「メタラー」の特長からおさらい。

水中で「チラッ、チラッ」 メタラーの特長

メタラーの特長は、細かくいえばたくさんありますが、大きなところとしては以下の2つが挙げられます。

①ボディが面取りされている
②全身布巻き&高圧縮鉛のコンパクトボディ

ボディが面取りされているメリットは、海中でステイさせていても面が潮を受け、ゼツミョーにチラチラとアクションすることにあり。これまでの鉛スッテはアクションさせてステイで乗せるというのがスタンダードで、ステイだけでは乗りにくいモノが大半(動かさなければタダの鉛ですから)。ところがこのメタラーは、前述したようにかなりのロングステイでも「メタラー自体が勝手に誘ってくれる」のです。フォール時には大きくスライドしない、狭い範囲内でヒラヒラヒラ~と木の葉のようにフォールしていきます。なんというか誘い過ぎずに飽きさせない、そんな鉛スッテなのです。

そして、メタラー全種が「全身布巻き仕様」であるのにも訳があり、布巻きにすることにより「イカが触っている時間が長い」という効果が得られます。また、高圧縮の鉛素材で、シルエットも小さめ。つまり、長く触ってくれて、コンパクトボディだけにイカがどこに触ってもカンナとの距離が近く、フッキング率も高いイカ泣かせの設計なのです。

メタラー/ピンク・チャート

「エキスパートチューン」という名の、実はビギナーがモノすごく使いやすいロッド

そして、オーシャンウィップMTの新機種「エキスパートチューン」。コレ、エキスパートチューンという名のエントリーチューンじゃないですかっ!なぜなら誰でもアタリが分かりやすく釣りやすい。カンタンに言ってしまえば、「軟かい」オーシャンウィップMT。しかしこの軟らかさがミソ。一般的なイカメタルロッドに比べて、ベリーから曲がっていく竿で、それでいてバット部分はしっかり残る。フワフワとしたティップにアタリが出ると、ツンとかいう感じではなく「ヌワァッ」という感じで明確にアタリが出ます。重めの鉛スッテを使う時などもバッチリ。これまでティップに現れるツンとかフワッとかを見ていたのが、穂先全体が沈んだり、ブレたりとダイナミックにアタリが現れるのが特長。

メタラーとエキスパートチューンの組み合わせで、「楽に&誰にでも」遊べるゲーム成立

というわけで、メタラーとエキスパートチューンの組み合わせで、激しい誘いも必要なく、基本的には大きく誘って止めるだけというイカメタルゲームが成立します。楽に、誰にでも釣ることができるので、これから始めてみたいという人にもピッタリ。また、ロングステイが効くことで、大型が乗ってくる確率も高いですよ。

その他、実釣動画ではスピニングロッド、オーシャンウィップMTメタルゲームの68L、68Mを使ったスピニング術、ケンサキとスルメ(ムギ)の釣り分けなどを紹介しています。