ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これは使える!ロックにもフラットにもドンピシャのジグヘッド「スリーパーマッチョDX」が気になる

ようやく梅雨らいしい気候になりました。

じめじめしていてなんだかなー、レインウエア着て釣りもなー…なんて言ってちゃいけません!

フィールドでは今が旬のアコウ(キジハタ)などのロックフィッシュや、ヒラメ、マゴチといった人気の高いフラットフィッシュが高活性!

お手軽に日中に狙えるし、何よりも美味しい♪狙ってソンのないターゲットです。

そんなロックフィッシュやフラットフィッシュにオススメのジグヘッドを発見しました!

スリーパーマッチョDX

出典:ジャングルジム

新進気鋭のソルトライトゲームブランド・ジャングルジムさんの新しいジグヘッド。

ジャングルジムさんはソルトのライトゲーム、特に陸っぱりからのお手軽なボトムゲームに特化したアイテムラインナップが多いブランド。

ガシラ(カサゴ)を狙うガシリングを提唱、「スリーパー」というジグヘッドをリリースしたのがスタートだったのですが、ボトムゲームもターゲットや狙い方がどんどんと進化。お手軽ターゲットの代表格であるガシラ(カサゴ)をはじめ、アコウ(キジハタ)、キビレなどのボトムを意識して攻略するターゲットに対応するアイテムを続々と輩出しています。

そう、ビフテキ(ビーフリーテキサス)リグもこのジャングルジムさん発。

ビフテキって何?という人はこちらの動画をどうぞ!

ちなみにこのビフテキは、ソルトゲーム以外にもバスフィッシングでも人気があります。

こちらは、フックブランド・リューギさんとジャングルジムさんがコラボしたアイテムの解説動画。リューギの宇田さんが分かりやすくビフテキを紹介してくれています。

…と、ちょっと脱線しましたが、そんなボトムゲーム愛に溢れたジャングルジムさんから、新しく発売されている「スリーパーマッチョDX(デラックス)」。

先にも書きましたが、元々「スリーパー」という特徴的なデザインのジグヘッドがあり、その「スリーパー」が進化したバージョンです。

まず、どう進化したのかの前に、「スリーパー」のご説明を。

出典:ジャングルジム

ボトムゲームに特化するということは、まず最大の敵である「根掛かり」を回避できるものでなくてはなりません。

この特徴的なデザインは、そのためのもの。一見、根掛かりやすいかな?と思うのですが、ボトムにカチ込みにくい形で、さらに低重心設計なので、ズルズルとボトムを引きずっても障害物を回避してくれるのです。

さらに、セットしたワームが立つようにフック形状も設計してあり、ターゲットにアピール。

また、フックにも根掛かり回避のこだわりが。針先がねむっていて(内側に入っている)、これも障害物に引っ掛かりにくいポイントです。

完全にボトムゲームに特化したジグヘッドというわけですね。

あと、おじさま世代のアングラーにはうれしい大きめのラインアイも、ナイトゲームにはバッチリ。

そんな「スリーパー」ですが、大型のロックフィッシュやフラットフィッシュに対応するべく太軸仕様もあります。

スリーパーマッチョ

出典:ジャングルジム

ウエイトラインナップは7、10、14、21g。

太軸なので、ビッグサイズがきても安心。大きいワームをセットすることを想定して、ワームキーパーも採用。

出典:ジャングルジム

少しずつ進化しています。

本題の「スリーパーマッチョDX」は、お察しの通りこちらの進化版。ちなみに、ここでの紹介は割愛しますが、「スリーパーホールド」という、強靭なフックを採用したバージョンもあります。

で、ようやく本命のお話に。もう1回出します(笑)。

スリーパーマッチョDX

出典:ジャングルジム

マッチョのデラックス、ヘビーウエイト版です。

陸っぱりからだけでなく、ボートゲームにも対応。オフショアアングラーにはありがたいですね。

で、今度はどこが進化したのかというと、ヘッド下部にご注目!

出典:ジャングルジム

はい、この上のイラストです。

ロックフィッシュに効果の高いブレードや、フラットフィッシュ狙いにオススメなトレブルフックが装着ができます。

ウエイトラインナップは、18、21、28、35g。

今夏のロックフィッシュ&フラットフィッシュ攻略の幅が広がりマクり!

ぜひ、進化し続けるジグヘッドで、ボトムゲームを楽しんでくださいね。